夏休み

Img_0450_edited



 暑い名古屋を脱出して、涼しくて爽やかな風の吹く



蓼科高原、長門牧場へお出掛けです。



前からPUKUさんに聞いていたのですが、



やっとこさ行けました。



涼しくて広くて、ピザもアイスも美味しくて、



我が家からもそんなに遠くない。



お出掛けリストに登録です。



まる子も思いっきり走ってました。



まる子のおばあちゃんの、



6日間の付き添い盆休みも終わり、



順調に回復し、



今では歩いてトイレにも行ける様になりました。



さあぁ、またまたまる子と楽しい毎日を始めます。



とうとがなし。



スポンサーサイト

尊尊我無(とうとがなし)

 本日も仕事帰りに、母のお見舞いに行きました。



今では歩いてトイレまで行ける程順調に回復し、



担当医からは、「日にち薬」と言われるくらいになりました。



  今回の母の事で、沢山の人達からパワーを貰い、



母は手術を乗り越え、今日に至っているんだなあと



心の底から思っています。



 



  今日、久し振りに、ヒメタローさんのサイトを覗きました。



るるちーが亡くなってからは、



それはそれは悲しむヒメタローさんが可哀そうで、



イラストも悲しかったし、



なので、覗くのをためらっていました。



でも、今日見た中で、8月12日の日記。



僕はまる子は勿論、家族や周りの人達に、



自分なりに愛情を注いで来たつもりでしたが、



ヒメタローさんやポイさん、佐久間さんに比べたら、



全然です。ダメダメです。



もっともっと周りのみんなを沢山愛してあげないとね。





 美しい心と自然がある奄美大島に、古い友人がいます。



彼とは海外まで一緒に、釣りに出掛けた仲。



若い頃からバンドを組んでいて(ポプコンにも出ていたらしい)



釣りに、55歳過ぎてから最近ではサーフィンを楽しんでいる。



そんな彼が、先日知人の個展会場でやったプチライブでの事が



地元新聞に掲載されてたらしい。



彼は、「歌ってて良かった」と心の底から思ったそうです。



今宵は、京都で歌っている事でしょう。



 僕には歌を人の心に届ける事は出来ないけれど、



これからは、



今日まで貰った沢山の愛情を、少しづつ返して行こうと思っています。



まる子も家族も、みんなみんな。



感謝の気持を持って。



とうとがなし。

大手術成功

まる子のおばあちゃん、



16時間の大手術を終え、無事乗り越えてくれました。



生きてます。



ご心配、激励を頂きました皆様には、



心より、深く深くお礼申し上げます。



本当に、ありがとうございました。



 また、今回の手術に携わって頂きました、



医師、看護士、チームスタッフ、全ての皆様にも、



深く感謝いたします。



ありがとうございました。

手術は明日AM9時15分から

 仕事帰りに病院に寄り、



担当医から聞いた説明を兄から聞きました。



聞けば聞くほど大変な大手術で、



母には平静を装って他愛のない事を話してましたが、



顔に出ていたかも知れません。



予定時間もとても長くて、術後はICUに直行です。



兎に角、頑張って欲しい。



明朝、勿論激励してから手術室まで付き添います。



成功します様に。



P1060752_edited



妖精にもお願いしておいたからね、byまる子

初めてのお願いですm(__)m

 目が覚めると、そこは辺り見渡す限り、今までに見た事のない、



とても綺麗な花が沢山咲き乱れていました。



あまりの綺麗さに見とれていると、



「おいオマエ。こんな所で何しとる?」



と何処かで聞き覚えのある声。



振り返ると、とても高ーい墓石の上に座っている親父が居たそうです。



親父は母にむかって、



「こんなとこにおってはイカン。



これやるから、さっさとあっちへ帰れ。」



と言って周りにある綺麗な花を摘んで持たせてくれたらしいです。



でも母がその花を握ると、綺麗だった花は、



皆、真っ白になってしまったそうです。



「おとうさん、どうして私が持つと、真っ白になっちゃうの?」



と聞くと、



「そりゃあ、おまえがあっちの人間だからだよ。



まだまだオマエには、あっちで俺の墓の守をしてもらわなイカンから、



はよ、帰れ」



 そして目覚めたのは、



検査入院をし、ふっと立とうとした時に倒れた



ベッドの脇だったそうです。



「おとうさんは高所恐怖症だったのに、



よくあんな高い所に座っていられたなあ」



とその話の後で、母が言ってました。



 ここ数ヶ月は、母の病気の事が気になったり、



その上、休日が木金になり、心と体がずれていたり、



何となく日記も書けなくて、リンク先のお友達の所へ行っても、



思うようにコメントが出来なくて。





 母の病気が再発し、来週、大きな手術をする事になりました。



もしもの可能性をともなう、リスクのある手術です。



「もしも」って何?



そんな事、ある訳ない。



成功して元気になる事しか考えてない。



とか、起きている間中、



色々な思いが頭の中を過ぎります。



P1050982_edited  今年の正月に、



次男の就職を喜んでくれて、



まる子を抱っこしてくれて、



一緒に撮った写真。





                                              



                                                           



また退院したら、まる子を抱っこして欲しい。



今僕に出来る事は、手術が無事に終わる事を願うだけです。



 そして、この拙い日記を見てくれた人にお願いです。



どうか、母の手術が無事に終わる様に、一緒に祈って下さい。



僕と一緒に、母にそんな気持ちを送ってやって下さい。



お願いします。



手術は、8日の月曜です。



プロフィール

まる子のとおちゃん

Author:まる子のとおちゃん
週末は、愛娘まる子と
かあちゃんとお出掛け♪

birthday
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アルバム
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる