初めてのお願いですm(__)m

 目が覚めると、そこは辺り見渡す限り、今までに見た事のない、



とても綺麗な花が沢山咲き乱れていました。



あまりの綺麗さに見とれていると、



「おいオマエ。こんな所で何しとる?」



と何処かで聞き覚えのある声。



振り返ると、とても高ーい墓石の上に座っている親父が居たそうです。



親父は母にむかって、



「こんなとこにおってはイカン。



これやるから、さっさとあっちへ帰れ。」



と言って周りにある綺麗な花を摘んで持たせてくれたらしいです。



でも母がその花を握ると、綺麗だった花は、



皆、真っ白になってしまったそうです。



「おとうさん、どうして私が持つと、真っ白になっちゃうの?」



と聞くと、



「そりゃあ、おまえがあっちの人間だからだよ。



まだまだオマエには、あっちで俺の墓の守をしてもらわなイカンから、



はよ、帰れ」



 そして目覚めたのは、



検査入院をし、ふっと立とうとした時に倒れた



ベッドの脇だったそうです。



「おとうさんは高所恐怖症だったのに、



よくあんな高い所に座っていられたなあ」



とその話の後で、母が言ってました。



 ここ数ヶ月は、母の病気の事が気になったり、



その上、休日が木金になり、心と体がずれていたり、



何となく日記も書けなくて、リンク先のお友達の所へ行っても、



思うようにコメントが出来なくて。





 母の病気が再発し、来週、大きな手術をする事になりました。



もしもの可能性をともなう、リスクのある手術です。



「もしも」って何?



そんな事、ある訳ない。



成功して元気になる事しか考えてない。



とか、起きている間中、



色々な思いが頭の中を過ぎります。



P1050982_edited  今年の正月に、



次男の就職を喜んでくれて、



まる子を抱っこしてくれて、



一緒に撮った写真。





                                              



                                                           



また退院したら、まる子を抱っこして欲しい。



今僕に出来る事は、手術が無事に終わる事を願うだけです。



 そして、この拙い日記を見てくれた人にお願いです。



どうか、母の手術が無事に終わる様に、一緒に祈って下さい。



僕と一緒に、母にそんな気持ちを送ってやって下さい。



お願いします。



手術は、8日の月曜です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まる子のとおちゃん

Author:まる子のとおちゃん
週末は、愛娘まる子と
かあちゃんとお出掛け♪

birthday
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる