ありがっさまりょうた♪





P1020890_edited



目の先に角があるカニ?



美しい心を持った、島人の優しさは格別です(^^)



今回名古屋から奄美大島までは、P1020795_edited



鹿児島経由で



島入りしました。



鹿児島からの2便目はプロペラ機で、所要時間はジェットより少し掛かりますが、強い風が吹いている時などは、微妙な速度調整が出来て良いらしいです。P1020798_edited



何時も空港に降り立つと、もわっとした湿気と、強烈な暑さがお出迎えしてくれるのですが、



この日は名古屋より涼しい25℃。



天気も曇り時々小雨で、今からの釣りに正しく暗雲が立ち込める天候でした。



そもそも、何故わざわざ奄美で釣りかと、



と話せば長くなるので、



ここではどう言う釣り方かと言うと、



広ーい海原で、



たかだか9フィートの釣竿を持って、



泳いでいる魚を見つけ、そいつに向かって、



自分で巻いた約3cmくらいのフライ(毛ばり)を投げて食わせると言う、



とても効率の悪い、



言わば自虐的な釣りなのです。



当然その日はパッとせず、



夜は島の仲間が開いてくれるP1020805_edited



歓迎会に参加です。



もう10年以上通っている奄美ですが、島の仲間は何時も暖かく迎えてくれます。



                              一村の料理はとても美味しく、話が弾んで、この夜はどうやってふとんまでたどり着いたのか、記憶が途切れ途切れです^^;



P1020886_edited_3



次の日は、まあまあの天気になり、P1020881_edited



釣り開始です。



NHKの釣り番組にも登場した、ネバリや、









P1020899_edited ムラサメモンガラカワハギ、



P1020830_edited



Img_1159コトヒキ、ミナミクロダイなどがロッドを曲げてくれました。









                  











そうそう、南国で釣りをする時に、



一番注意しなければいけないのは、



暑さ対策です。日焼けも。



気付かないうちに



熱中症になっちゃいますからね。



P1020880_edited



buffが被ってしまった某教授と



今回二日目からはバンガローに



泊まってみました。



P1020861_edited



市の施設らしいのですが、



島では殆ど利用客が居ないようで、



お風呂もあり、けっこう綺麗な所でした。



でも、釣りして帰ってから



夕食の準備は大変では?



いえいえ、毎年ご一緒する



大阪の方が何時も作ってくれるんです。



P1020831_edited 赤いパンツのMさんがシェフです。



釣り業界では雑誌にも登場し、



ショップのインストラクターにも招かれる大御所です。



僕達は缶ビール片手に座っているだけで、



次から次へと、今まで味わった事のない料理が出て来ます。



カメラより箸が動いてしまい、



殆どの写真を撮り忘れましたが、



手前に写っているのは、散々堪能した後に出て来た初日の締めのタイ・カレーです。絶品。



二日目の締めの、P1020876_edited



オリジナルマーボー島豆腐 (山椒たっぷり)



言わせて頂きます。



「ご馳走様でした」



食事が終わると、島のネイチャーガイドをしているN兄の出番です。



バンガローの外に出ると(良い子は絶対出てはいけません、島はハブが沢山います)、



満天の向こうの山からリュウキュウコノハズクの鳴き声が聞こえました。



するとN兄は「ホホ~」とAca76913f70bb6d30bf647c1cda60ad9



何度も鳴き声を真似し、



「今、来ました」



と僕らのすぐ目の前にある木をライトで照らすと、居ました(^^)



これには皆大感激。



Ryukyukonohazuku 国内で見られる一番小さな



フクロウらしいです。



体長は22センチ。



首は約360度まわるらしいです。



それからアマミノノコギリクワガタP1020871_edited



いい歳したおじさん達は、こいつを囲んで見ていました。



P1020854_edited_2



次の日は朝焼けも美しく、



梅雨明け宣言もあり、



奄美らしい晴天に恵まれました。





Akasyoubinn アカショウビンの鳴き声で目覚めた後、



P1020868_7





朝食前に、昨夜のN兄からプチバードウォッチングの勧めです。



正面の山肌を飛び交う



サンコウチョウを指差し、Sannkoucyou



その名前の由来や、生態などを説明してくながら、



「今のは尾っぽが短いので、今年生まれたもの」



とか教えてくれるのですが、僕らには早くて見えません(>_<)



 自然と触れ合い、



澄んだ心の仲間と飲み交わし、P1020866_edited



笑い、釣りをする。



最高に贅沢な時間です。













                                           さあ、



今日はどんな魚達と出会えるのかなあ





Amami



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トヨッチさん
心身ともにリフレッシュして来ました(^^♪
煩わしい事を考えず、沢山笑って来ました[E:happy01]
僕は幸せ者です。
 テレビ放送よりは、少しは綺麗な奄美をお見せ出来たんではないでしょうか。
 名人とは初日の一村で再会し、バンガローにも泊まりに来てくれました。
確か2日目に自宅に寄らせて頂いて、
[E:dog]春男(ラブラドール)の顔も見て来ました。

No title

わぁ~[E:note]奄美大島 行って来られたんですね。
あの釣り番組のあの場所であの釣り方で・・・
重ね合わせながら見せていただきました。
名人と言われるお友達もご一緒だったんでしょうか?

釣り仲間と釣りをし、飲んで食べて自然を満喫してと
最高の贅沢な時間を過ごされたんですね[E:happy01]

No title

クラママさん
薩摩でもなく、琉球でもない。
奄美は全く固有の良さがあるんですよぉ[E:lovely]
出来れば住みたい所です[E:dog]

No title

とうちゃん、奄美の夏を満喫されてますね。
写真を見てるだけで、雰囲気が伝わってきますわ~~
いつまでのご滞在かしら?
ゆっくり楽しんでらしてね。
プロフィール

まる子のとおちゃん

Author:まる子のとおちゃん
週末は、愛娘まる子と
かあちゃんとお出掛け♪

birthday
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる